東京の企業開発ロボットアーム 宇宙ステーションで動作実験へ

東京の企業開発ロボットアーム 宇宙ステーションで動作実験へ
k10012609721_202009101007_202009101105.mp4
国際宇宙ステーションの中で宇宙飛行士が行っている作業を効率化するため、東京のベンチャー企業が開発したロボットアームの動作を宇宙ステーションの中で確認する実験が、早ければ来年春から行われることになりました。
国際宇宙ステーションで実験が行われることになったのは、東京のベンチャー企業「GITAI」が開発した長さ1メートルほどのロボットアームで、プログラムに従って自動で動くほか、地上から遠隔で操作することもできます。

開発した企業は、このロボットアームを早ければ来年春に国際宇宙ステーションに打ち上げて内部に設置し、模擬のパネルについているスイッチをアームの先端で押したり、ケーブルを付け替える動作を確認したりすることになったと公表しました。

また、無重力の中で複数の動作を連続的に行ってソーラーパネルを組み立てる実験も行う予定だとしています。

国際宇宙ステーションでは宇宙飛行士が滞在してさまざまな作業を行っていますが、効率的にコストを下げるためにもロボット技術の応用が求められていて、この企業によりますと、飛行士の代わりとなるロボットアームの実験を行うのは民間企業では初めてだということです。

「GITAI」の中ノ瀬翔CEOは「宇宙では危険でコストがかかる作業が多く、性能の高いロボットを開発していきたい」と話していました。