サッカー日本代表 長友 フランス1部リーグ マルセイユ加入

サッカー日本代表 長友 フランス1部リーグ マルセイユ加入
サッカー日本代表のディフェンダー、長友佑都選手がフランス1部リーグのマルセイユに加入することが決まりました。
これはマルセイユが31日、公式ホームページで発表しました。

長友選手は愛媛県西条市出身の33歳。

豊富な運動量とスピードが持ち味のサイドバックの選手で、日本代表では歴代2位に並ぶ122試合に出場しています。

2010年のワールドカップ南アフリカ大会で活躍したことが評価されて当時所属していたJ1のFC東京からイタリア1部リーグのチェゼーナに移籍しました。

そして2011年には同じイタリア1部リーグの強豪、インテルに移籍して左のサイドバックのレギュラーとして活躍し、その後はトルコ1部リーグのガラタサライでプレーしていました。

マルセイユは昨シーズン、フランス1部リーグで2位に入った強豪で、日本代表として活躍する酒井宏樹選手も所属しています。

長友選手は自身のツイッターで「このような素晴らしいクラブに来ることができて心から嬉しいです。これから厳しい戦いが始まりますが、この決断を正解にできるように頑張ります。侍魂で戦います」とコメントしています。