西日本や東日本中心 猛烈な暑さ続く 台風9号沖縄地方に接近へ

西日本や東日本中心 猛烈な暑さ続く 台風9号沖縄地方に接近へ
連日猛暑が続く中、30日も兵庫県で39度を超える危険な暑さになったところがあるなど西日本や東日本を中心に各地で猛暑日となっていて、熱中症に厳重な警戒が必要です。
30日も西日本から東日本を中心に広い範囲で晴れて各地で強い日ざしが照りつけ、気温が上がっています。

午後2時までの最高気温は
▽兵庫県西脇市で39.1度、
▽埼玉県鳩山町で38.4度、
▽岡山県高梁市で38.3度、
▽岐阜県大垣市で38.1度、
▽名古屋市で37.1度、
▽大阪市で36.8度、
▽東京・練馬区で35.7度など、
広い範囲で35度以上の猛暑日となっていて、熱中症に厳重な警戒が必要です。

こまめに水分補給をするほか、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では適切に冷房を使うなど、高齢者を中心に十分な対策を取るよう心がけてください。
一方、強い台風9号は正午にはフィリピンの東を1時間におよそ10キロの速さで北北東へ進んでいます。

このあと台風は非常に強い勢力となって31日から9月1日にかけて沖縄地方に接近する見込みです。

気象庁によりますと31日正午の中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルと予想されています。

沖縄地方では風が強まり、31日は▽宮古島地方の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、▽沖縄本島地方での最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルと予想されています。

波の高さは▽沖縄本島地方で12メートル、▽宮古島地方で10メートルなど予想され、暴風や高波に厳重な警戒が必要です。