チャドウィック・ボーズマンさん死去「ブラックパンサー」主演

チャドウィック・ボーズマンさん死去「ブラックパンサー」主演
世界的にヒットしたハリウッド映画「ブラックパンサー」で主役を演じたアメリカの俳優、チャドウィック・ボーズマンさんが、がんのため亡くなりました。43歳でした。
ボーズマンさんは、1976年に南部サウスカロライナ州で生まれ、おととし公開されて世界的にヒットしたハリウッド映画「ブラックパンサー」で主役を演じました。

ボーズマンさんはこのほかにも、黒人の野球選手として初めて大リーグでプレーしたジャッキー・ロビンソンさんや「ソウルミュージックの帝王」と呼ばれた歌手、ジェームズ・ブラウンさんなど、著名な黒人を描いた映画で本人役を好演し、世界的な評価を得ていました。

AP通信によりますと、ボーズマンさんは、4年前に結腸がんと診断され、俳優業を続けながら病気と闘ってきましたが、28日にロサンゼルスの自宅で家族に見守られながら息を引き取ったということです。

ボーズマンさんは、ハリウッドに対し、人種差別に反対する映画作品への出資を訴えるなど、構造的な人種差別の撲滅を目指す活動にも力を注いでいました。