トランプ大統領 指名受諾演説で実績アピール 対決姿勢鮮明に

トランプ大統領 指名受諾演説で実績アピール 対決姿勢鮮明に
アメリカのトランプ大統領は、大統領選挙に向けた共和党の全国党大会で指名受諾演説を行い、経済面での実績をアピールするとともに、新型コロナウイルスについてワクチンを早急に開発して「撲滅する」と強調しました。一方で、民主党のバイデン陣営を「過激な左派」と位置づけて対決姿勢を鮮明にし、支持を訴えました。
11月のアメリカ大統領選挙に向けた与党・共和党の全国党大会は最終日の27日、トランプ大統領がホワイトハウスで指名受諾演説に臨みました。

この中でトランプ大統領は「この選挙は、わが国の歴史でもっとも大切な選挙だ。アメリカンドリームを救うか、それとも社会主義に私たちの大切な運命を破壊させるかを決める選挙だ」と述べるとともに、民主党のバイデン陣営を「過激な左派」と位置づけて、国民に選択を迫りました。

そのうえでアメリカ第一主義を掲げて国内の雇用を確保してきたことや、メキシコとの国境に壁を建設して不法移民対策を強化したことなどを実績としてアピールしました。

外交面では、アメリカで高まる反中感情も念頭に「私は国民との約束を守り、アメリカの歴史上、中国に対して最も強く厳しい姿勢で臨んできた」と述べ、中国への依存を終わらせると強調しました。

そして、世界最悪の被害が出ている新型コロナウイルスへの対応については、バイデン氏が掲げる政策は「経済を壊滅させる」と批判し、みずからは「安全で効果のあるワクチンを年内に手にし、ウイルスを撲滅する」と主張しました。

さらに黒人男性が警察官に背後から銃撃されたことを受け、抗議デモや混乱が起きたことについては「バイデン氏と彼の支持者は党大会期間中、沈黙を貫いた」と非難し「私が大統領であるかぎりは、アメリカ人が安全に平和的に暮らす絶対的な権利を守る」として、“法と秩序”を重視する姿勢を示しました。

トランプ大統領は演説で一貫してバイデン氏を激しく攻撃し、対立の構図を鮮明にしました。

共和・民主両党は、これでともに党大会を終え、およそ2か月後に迫った大統領選挙に向け、選挙戦は激しさを増すことになります。

トランプ大統領 演説の要点

(1) 2期目には再び歴史上、最高の経済をつくり上げ、雇用や所得の向上、記録的な繁栄をもたらす。

(2) 新型コロナウイルス対策で、年末までにワクチンを生産し、ウイルスを打ち負かす。

(3) この選挙は歴史上、最も重要な選挙になる。今ほど、2つの政党、その支持者らのあいだでイデオロギーや哲学、ビジョンが異なる時はない。アメリカンドリームを守るか、社会主義者にわれわれの運命を破壊させるかを選ぶ選挙だ。

(4) アメリカ第一主義を推し進め、TPP=環太平洋パートナーシップ協定や地球温暖化対策の「パリ協定」から離脱。減税と規制緩和で最強の経済を築いた。

(5) アメリカの歴史上、中国に対して最も強硬に臨んできた。バイデン氏が当選すればアメリカは中国に支配される。

(6) 国境の壁の建設など、不法移民対策を強化し、アメリカの労働者を守った。

(7) 処方薬の価格を大幅に引き下げた。

(8) 連邦最高裁判所の判事2人など、保守派の判事300人以上を指名。

(9) イランの核合意から離脱。エルサレムをイスラエルの首都と認定し、過激派組織IS=イスラミックステートのバグダディ容疑者を殺害した。

(10) アメリカ軍を再建し、宇宙軍を創設した。

(11) バイデン氏の政策は、今までの候補で最も極端で、社会主義のトロイの木馬だ。

(12) 警察を支持する。略奪や暴力が起きているのは、民主党が統治する都市であり「法と秩序」が必要だ。

(13) バイデン氏は弱い。

(14) 憲法修正第2条の武器を保有する権利を守る。

(15) 5Gの競争に勝ち、世界最強のミサイル防衛を築き火星に行く。