野党 河井前法相夫妻と秋元議員の辞職勧告決議案を提出へ

野党 河井前法相夫妻と秋元議員の辞職勧告決議案を提出へ
k10012584341_202008261220_202008261234.mp4
立憲民主党など野党側の国会対策委員長らが会談し、選挙違反事件で起訴された河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員、それに、汚職事件をめぐって逮捕された秋元司衆議院議員について、議員活動を続けることは認められないとして、議員辞職勧告決議案を国会に提出する方針で一致しました。
立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党の国会対策委員長らは、26日午前、国会内で会談しました。

この中では、選挙違反事件で起訴された河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員、それに、IR=統合型リゾート施設の汚職事件をめぐって逮捕された秋元司衆議院議員について、責任は重大で議員活動を続けることは認められないとして、議員辞職勧告決議案を国会に提出する方針で一致しました。

そして、決議案の審議を行うとともに、安倍総理大臣の任命責任もただす必要があるとして、臨時国会の速やかな召集を重ねて求めることを決めました。

また、新型コロナウイルス対策などの審議を急ぐため、来月2日に安倍総理大臣も出席して、予算委員会の集中審議を開くよう求めていくことを確認しました。

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「3人の議員は、自民党の公認を受けていた。自民党の総裁でもある安倍総理大臣の責任も問わなければならない、大変、ゆゆしき事態だ」と述べました。