水を大量に飲むと「水中毒」のおそれ 水分補給時に気をつけて

水を大量に飲むと「水中毒」のおそれ 水分補給時に気をつけて
k10012572341_202008182016_202008182016.mp4
連日の暑さで、熱中症の疑いで病院に搬送される人が急増し、亡くなる人も相次いでいます。熱中症予防の対策として、こまめな水分補給は大切です。しかし、同時に「水中毒」にも気をつける必要があります。

意識なくなったり呼吸困難に陥ったりして命の危険も

熱中症などに詳しい吉田勝明医師によりますと、「水中毒」とは水を飲みすぎることで引き起こされる体調不良のことです。

体のだるさや吐き気、めまいなどの症状が出て、ひどい場合には意識がなくなったり呼吸困難に陥ったりして命の危険にもつながるということです。

血液中には一定の塩分が必要ですが、汗をかくなどして体から水分や塩分が失われた後、一度に大量の水を飲むと血液の塩分濃度が下がります。

塩分に含まれるナトリウムは、体内の水分を適切な状態に調節したり神経や筋肉を正常に機能させたりする役割を担っているため、塩分濃度が下がりすぎると、「水中毒」の症状が出るおそれがあるということです。

吉田医師によりますと、学校などで運動したあとにのどが乾いて水道の水を一気に飲んで「水中毒」になることがあります。

また、夏場は汗をかくため血液中の塩分の濃度が下がりやすく、水を飲みすぎて「水中毒」になる危険性が高まるということです。

目安として1時間に1リットル程度まで

水を飲みすぎることによる「水中毒」の予防策として、吉田勝明医師は以下の注意点をあげています。

個人によって差がありますが、水を飲む量は、目安として1時間に1リットル程度までが望ましいとしています。

これは水分を尿として排せつできるのが1時間に1リットル程度と考えられるためです。

また、水分補給の際に望ましい飲み物については、屋外で汗をかいた時などは塩分が入ったスポーツドリンクなどがいいということです。

適当な飲み物がない場合は、梅干しなどを食べて塩分を補うのもおすすめだということです。
吉田医師は「水を飲むのがいけないということではなく、一度に大量に飲むと“水中毒”になるおそれがあることを知って気をつけてほしい」と話しています。