東京都内 熱中症の疑いで100人病院に搬送 熱中症対策を

東京都内 熱中症の疑いで100人病院に搬送 熱中症対策を
東京都内では、18日午後3時までに熱中症の疑いで、合わせて100人が病院に運ばれました。東京消防庁は冷房を適切に利用し、こまめに水分をとるなどの対策を引き続き呼びかけています。
東京消防庁によりますと都内では、18日午後3時までに1歳から94歳までの男女合わせて100人が、熱中症の疑いで病院に運ばれました。

このうち、70代以上の人がおよそ7割を占めていて、80代の男女2人は症状が重く、命の危険がある状態だということです。

東京消防庁は、夜間でも冷房を適切に利用し、こまめに水分をとるなどの対策を引き続き呼びかけています。