囲碁 新聞記者が七大タイトル獲得 一力遼八段

囲碁 新聞記者が七大タイトル獲得 一力遼八段
囲碁の七大タイトルの1つ、碁聖戦で、一力遼八段が、羽根直樹碁聖に勝ち、自身初となる七大タイトルを獲得しました。一力八段は新聞社で記者としても働いていて、日本棋院によりますと、新聞記者が七大タイトルを獲得するのは初めてだと言うことです。
囲碁の第45期碁聖戦五番勝負は、タイトルを持つ羽根直樹碁聖に一力遼八段が挑み、ここまで2連勝している一力八段がタイトル獲得まであと1勝に迫っていました。

14日、東京の日本棋院で行われた第3局で、一力さんは羽根さんを投了に追い込んで勝ちを収めて3連勝とし、「碁聖」のタイトルを獲得しました。

一力さんが七大タイトルを獲得したのは初めてです。

一力さんは、宮城県出身の23歳。ことしの春に大学を卒業し、仙台市に本社がある新聞社、「河北新報社」に入社し、記者としても働く異色の経歴を持っています。

日本棋院によりますと、新聞記者が囲碁の七大タイトルを獲得するのは初めてだと言うことです。

対局を終えた一力さんは、「きょうの対局は序盤から前例のない進行で、判断が難しかった」としたうえで、「碁聖戦の3戦を振り返ると、全体を通して今持っている力を出せたのかなと感じている。なんとか結果を出すことができてよかったです」と喜びを語っていました。