俳優 渡哲也さんが死去 78歳 肺炎のため

俳優 渡哲也さんが死去 78歳 肺炎のため
k10012567381_202008142009_202008142012.mp4
日活のアクションスターとして多くの映画に出演したほか、「大都会」や「西部警察」などのテレビドラマで人気を集めた俳優の渡哲也さんが、今月10日、都内の病院で肺炎のため亡くなりました。78歳でした。

「大都会」や「西部警察」 刑事ドラマシリーズで人気を不動に

渡さんは兵庫県淡路島出身で、昭和40年に映画「あばれ騎士道」でデビューし、日活のアクションスターとして活躍したあと石原裕次郎さんのプロダクションに入りました。

その後、「大都会」や「西部警察」など、刑事もののテレビドラマシリーズで人気を不動のものとし、裕次郎さんが亡くなったあとは、いわゆる「石原軍団」を率いて幅広く活躍しました。

NHKでは大河ドラマ「義経」で平清盛の役やスペシャルドラマ「坂の上の雲」で東郷平八郎の役を演じるなど、凛(りん)としたたたずまいと高い演技力で人気を集めました。

平成17年には紫綬褒章を、平成25年には旭日小綬章を受章しています。

渡さんは、平成27年に急性心筋梗塞で手術を受け、その後も肺気腫などを患い、自宅で療養しながらリハビリを続け、テレビコマーシャルへの出演などを続けてきました。

石原プロモーションによりますと、渡さんは、今月10日、都内の病院で肺炎のため亡くなりました。

本人の希望で家族葬に

渡哲也さんが亡くなったことについて、石原プロモーションは「長きにわたり病との闘いの末去る令和2年8月10日午後6時30分に肺炎のため都内の病院にて旅立ちました。ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」とするコメントを14日午後7時半すぎ公式のツイッターに掲載しました。

この中で、葬儀については静かに送ってほしいという故人の強い希望により、14日、家族葬という形で執り行い、お別れの会やしのぶ会なども行わないとしています。

また、香典や弔電などの儀も故人の遺志により、辞退するとのことです。

そのうえで、「何卒、故人の遺志をご理解いただけますようお願いいたします。皆様のお心の中にて故人への祈りを捧げていただけますことを心よりお願い申し上げます」としています。

悼む声が相次ぐ

インターネットのツイッターなどには、渡さんと交流のあった著名人から死を悼む声が相次いでいます。

このうち、俳優の宍戸開さんは「“また一人日活俳優がなくなりました・・・”慎んで渡哲也さんのご冥福をお祈りいたします」とツイッターに投稿しています。

また、お笑い芸人のドランクドラゴン塚地武雅さんは「渡哲也さん…おいしいごはんというドラマで師弟の役でご一緒させていただきました。椅子を手刀で割るというシーンで本番、いきなり頭で割る姿を見て驚きとサービス精神と漢気を感じ、プロだ!僕もこうならなきゃいけない!と思ったのを覚えています!」また、「渡哲也さん、その節はお世話になりました!1クールという短い時間でしたが近くでいろいろ見せていただいたことは勉強になることばかりで忘れません!謹んでご冥福をお祈り申し上げます!」と投稿しています。

また、俳優の高橋克典さんは自身のブログに渡哲也さんと一緒に写っている写真を掲載し「心よりご冥福をお祈りします」とコメントしています。

高橋英樹さん「哲!早過ぎるよ!」

渡さんと同じ時期に日活で活動し、NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」などの作品で共演した俳優の高橋英樹さんは「突然の訃報に、大変驚きました。私の中では、いつも元気な彼の姿しか思い浮かびません。共に日活映画時代の青春期を過ごした仲間。哲!早過ぎるよ!お疲れさま!の言葉しか見当たりません。ご冥福をお祈り致します」というコメントを出しました。

街でも悼む声

俳優の渡哲也さんが亡くなったことについて、渋谷の街では死を悼む声が聞かれました。

50代の会社員の男性は「『西部警察』など、昔からドラマでよく見ていた俳優さんです。最近になって、あまりテレビで見かけなくなっていたなと思っていました。78歳で亡くなられたというのは、今の時代ではちょっと早すぎるのではないかと残念です」と話していました。

また、渡さんと同い年の78歳という理容師の男性は、「亡くなったニュースを知らなかったので、聞いてびっくりしました。同じ世代の人間からするととても寂しい気持ちです」と話していました。

夫婦で渋谷を訪れていた50代の男性は、「渡さんといえば、西部警察のイメージですね。当時活躍した俳優の人たちが皆さんお年をとられているので、だんだん寂しくなっていきます」と話していました。

また、女性も「最近までお酒のCMなどにも出演していたと思います。まだ年齢もそこまで高齢というわけでもなかったので、もっとテレビで活躍されると思っていました。とても残念です」と話していました。