モーリシャス 貨物船重油流出 貴重な生態系への被害に懸念の声

モーリシャス 貨物船重油流出 貴重な生態系への被害に懸念の声
商船三井が運航する貨物船が、インド洋の島国、モーリシャスの沖合で座礁した事故で、船内に残っていた燃料はほぼ回収されましたが、すでに流出した大量の重油が海岸に漂着し、地元の貴重な生態系への被害を懸念する声が上がっています。
日本時間の先月26日(現地時間25日)、商船三井が運航する貨物船がモーリシャスの沖合で座礁し、その後、約1000トンの重油が流出したとみられています。

商船三井は、船内に残っていた燃料についてはほぼ回収されたとする一方、流れ出た重油のうち、回収できたのは半分程度にとどまっているということで、すでに大量の重油が現場近くの海岸に漂着しています。

海岸では、地元のボランティアが重油を手ですくってバケツに入れるなどして回収作業に当たっているほか、日本やフランス、それに国連の機関なども人材や物資を現地に派遣し、国際的な支援が本格化しています。
一方、現場周辺のマングローブ林にも重油が漂着するなど、被害は広範囲に及んでいて、生態系の保全に詳しいJICA=国際協力機構の阪口法明国際協力専門員は「油が付着すると酸素呼吸ができなくなり、死んでしまう可能性もある」と話していて、生態系への影響を早急に調査し、回復に向けた計画を作る必要があると訴えています。

原因究明へ乗組員聞き取り

モーリシャスのジャグナット首相は13日、貨物船が座礁した現場近くの海岸を訪れ、AFP通信のインタビューに答えました。

この中でジャグナット首相は、流出した重油の回収作業を全力で進めるとしたうえで「貨物船がなぜこれほど岸に接近し、座礁したかについて原因を調査しなければならない」と述べ、警察当局などが貨物船の航行データを記録した「ブラックボックス」を回収し、船長を含めた乗組員合わせて20人から事情を聞いていることを明らかにしました。

また、地元の環境や漁業などへの影響については、「今後、多くの被害の申し立てがあるだろう」と述べ、他国の専門家の協力も得ながら全容を明らかにしていく考えを示しました。

流出から1週間がたっても…

現地の環境保護団体「モーリシャス野生生物基金」が13日に船の上から撮影した映像には、濃い青色に見える海に白い紙を浸すと、重油で真っ黒に染まる様子が写っています。

また、船が通ったあとの波間にも重油が浮いていて、流出から1週間がたっても島周辺の広い海域に重油が漂っている様子が分かります。

モーリシャスで通訳兼フリーライターとして働く永井葉子さんは、「観光業が盛んなこの国では、新型コロナウイルスの感染拡大によって失業した人や給料が半分に減った人もいて、すでに甚大な影響が出ていた。さらにこの事故で観光業や漁業など、幅広い分野の人たちが影響を受けるのは間違いない。1968年の建国以来、最大の環境被害だと言われている」と話しています。

そのうえで、「モーリシャスは日本から離れたインド洋の小国だが、日本政府や運航会社は自分の国、自分の庭で起きたらどうするだろうという気持ちで真摯(しんし)に対応してほしい」と、環境の保護や再生に全力をあげてほしいと呼びかけました。

流出確認は座礁から10日以上たってから

貨物船を運航していた商船三井によりますと、重油の流出が確認されたのは、座礁から10日以上たってからでした。

その間、なぜ流出を防げなかったのでしょうか。

商船三井が行った記者会見の説明によりますと、貨物船「WAKASHIO」が中国からシンガポールを経由してブラジルに向かう途中、モーリシャスの沖合で座礁したのは現地時間の先月25日でした。

翌26日、地元で観光業を営む男性がドローンで撮影した映像には、浅瀬に乗り上げ、まだ船体のきれいな貨物船が映っています。

ところが、座礁から12日後の今月6日に撮影された衛星画像では、貨物船から重油が流出し、周辺の海域一帯が黒くなっているのが分かります。

商船三井によりますと、船体に亀裂が生じ、燃料の流出が確認されたのはこの日だったということです。

13日に日本の国際緊急援助隊が撮影した映像では、貨物船の後ろ側が大きく沈み、左側面に縦方向の亀裂が入っていることが分かります。

貨物船が座礁したあとの対応について商船三井は、座礁した直後にサルベージ会社に救助要請を行い、燃料の抜き取りや船を浅瀬から浮上させる作業に取りかかったものの、当初は波が高く、作業が思うように進まなかったと説明しています。

また、モーリシャスのジャグナット首相もAFP通信のインタビューに対し、悪天候のため船内の燃料の回収を進められなかったとしたうえで「専門家も流出の危険性は低いと話していた。われわれは当初からできるかぎりのことをした」と述べ、政府の対応に問題はなかったと強調しています。