各地で猛暑日 気温37度超相次ぐ 14日も熱中症に警戒を

各地で猛暑日 気温37度超相次ぐ 14日も熱中症に警戒を
k10012564911_202008131219_202008131221.mp4
13日も西日本から北日本にかけての太平洋側を中心に、各地で猛暑日となり、37度を超えたところが相次ぎました。14日も、西日本と東日本では猛烈な暑さが続く見込みで、引き続き、熱中症に警戒してください。
気象庁によりますと、13日も西日本から北日本にかけての太平洋側を中心に、高気圧に覆われて強い日ざしが照りつけ、各地で猛烈な暑さとなりました。

日中の最高気温は、
▽高知県四万十市中村で37.9度、
▽栃木県佐野市で37.4度、
▽大分県豊後大野市の犬飼で37.3度、
▽静岡県川根本町で37.2度などと各地で37度を超えました。

また、
▽和歌山県新宮市で36.4度、
▽福島県浪江町で36.3度、
▽岡山市で35.7度などと、
全国921の観測点のうち、138の観測点で35度以上の猛暑日となりました。東京の都心でも36.1度と4日連続の猛暑日となっています。

14日も東日本と西日本を中心に猛烈な暑さが続く見込みで、日中の最高気温は、
▽名古屋市や京都市、高松市、宮崎市、甲府市で37度、
▽福岡市や岡山市で36度、
▽東京の都心や大阪市で35度などと予想されています。

さらに、気象庁によりますと、西日本と東日本では今月20日ごろにかけて、東北地方では15日から20日ごろにかけて猛暑日が続くおそれがあるということです。

連日の猛暑で今月9日までの1週間に熱中症の疑いで病院に搬送された人は、全国で6600人余りと急激に増えていて、死亡する人も相次いでいます。

こまめに水分と休憩をとり、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内は温度が28度を超えないよう冷房を使うなど、十分な対策をとって、引き続き、熱中症に警戒してください。

特に高齢者は、本人が気付かないうちに症状が悪化することがあります。冷房や扇風機を使うよう家族や周囲の人が声をかけるようにしてください。