米民主党 副大統領候補 カマラ・ハリス上院議員とは?

ことし秋のアメリカ大統領選挙で野党・民主党のバイデン前副大統領は、副大統領候補に女性で黒人のカマラ・ハリス上院議員を選んだと発表しました。トランプ大統領はハリス氏を「最もひどい上院議員だ」などと酷評し、対決姿勢をあらわにしています。
11月のアメリカ大統領選挙で政権奪還を目指す野党・民主党のバイデン前副大統領は11日、副大統領候補に西部カリフォルニア州選出で黒人のカマラ・ハリス上院議員を選んだと発表しました。

ハリス氏は55歳。

父親はジャマイカ出身、母親はインド出身で移民の2世として生まれ育ちました。

バイデン氏は声明で、ハリス氏を選んだ理由について、「新型コロナウイルスによる人々の痛みを理解し、国を1つにまとめることができる」と指摘するとともに、ハリス氏が人種間の格差の問題に取り組んできた実績などを高く評価したとしています。

副大統領候補に指名されたことを受けてハリス氏はツイッターに「バイデン氏はアメリカ国民を団結させることができる。彼を私たちの最高司令官にするために全力を尽くす」と投稿しました。

一方、トランプ大統領は11日の記者会見で、ハリス氏が民主党の大統領候補者選びに名乗りを上げたものの、支持率が伸び悩み、早期に撤退したことに触れ、「彼女が選ばれたことに驚いた。予備選挙で彼女よりもはるかに良い結果を出していた人はたくさんいた」と述べました。

そのうえで、「最も意地悪で、ひどく、無礼な上院議員だ」とハリス氏を酷評し、対決姿勢をあらわにしました。

バイデン氏とハリス氏は12日にバイデン氏の地元、東部デラウェア州でそろって演説に臨んだあと、今月17日から開かれる民主党の全国党大会で正副大統領候補に正式に指名される予定で、11月の本選挙でトランプ大統領とペンス副大統領に挑むことになります。

トランプ大統領「にせものカマラ」

トランプ大統領は早速ツイッターにバイデン氏とハリス氏を批判する映像を投稿しました。

この中では、「民主党の予備選で有権者はハリス氏を見限った。しかし、バイデンは違った。頭が良くないからだ。『のろまなジョー』と『にせものカマラ』は完全なペアだ。アメリカにふさわしくない」として2人を激しく攻撃しています。

また、トランプ陣営も声明を発表し、「バイデン氏は穏健派ではない。増税したうえで、警察の予算をカットし、国境を開くことを約束して過激な暴徒に国を委ねようとしている。投票でアメリカ人はバイデン・ハリスよりもアメリカ第1とするトランプ大統領とペンス副大統領をはっきりと選ぶだろう」として早速、非難の度合いを強めています。

カマラ・ハリス氏とは

カマラ・ハリス氏は西部カリフォルニア州選出の55歳の上院議員です。
父親はジャマイカ出身、母親はインド出身で移民の2世として生まれ育ちました。

カリフォルニア大学のロースクールを卒業後、検察官となり、2011年からの6年間は女性として初めて、カリフォルニア州の司法長官を務めました。

ハリス氏はみずからを「革新的な検察官」と呼び、薬物犯罪で逮捕された若者を収監せず職業訓練などで更生させる施策に取り組んだほか、警察官にボディカメラの着用を義務づける警察改革などを進めてきました。

2016年にカリフォルニア州の上院議員に選出され、現在は1期目ながら民主党若手議員として評価されています。

トランプ政権の強硬な移民政策を批判し、政権が廃止を求めている不法移民の子どもに対する救済制度を維持するべきだと訴えています。

大統領選挙では去年1月に民主党の予備選挙に立候補し、討論会でバイデン氏の人種問題をめぐる過去の発言や政策を厳しく批判して一時、支持率を上げました。

ハリス氏は検察官や司法長官としての経歴を評価される一方、抜本的な警察改革は実現できていないという批判もあり、その後の予備選挙では伸び悩んで撤退を決め、バイデン氏支持を打ち出していました。

多様性を尊重する強いメッセージ

バイデン前副大統領は副大統領候補にハリス上院議員を選んだ理由について、支持者にあてた電子メールで「トランプ大統領とペンス副大統領と戦い、来年から国を率いていく上で最適の人物だからだ」と説明しました。

トランプ大統領の人種問題をめぐる対応を厳しく批判し、本来のアメリカの在り方を取り戻すと主張しているバイデン氏にとって、黒人でありアジア系のルーツも持つ女性を選ぶということは、多様性を尊重するという強いメッセージになります。

また、民主党内の候補者選びの序盤でつまずいたバイデン氏が巻き返しを果たすきっかけとなった、黒人有権者のあいだの高い支持を確実なものにしたいというねらいもあったと見られます。

州司法長官の実務経験も

最後まで名前が挙がっていた複数の黒人女性候補の中からハリス氏を選んだ背景には、上院議員やカリフォルニア州の司法長官としての実務経験への評価があります。

バイデン氏は選定にあたって自身との相性の良さと実務能力の高さが必要だと強調してきましたが、支持者にあてた電子メールでも、ハリス氏の上院議員などとしての実績を挙げていて、ハリス氏であれば実務能力は申し分ないと判断したと見られます。

また、バイデン氏は、ハリス氏と同じ時期に別の州の司法長官を務めていた亡くなった長男のボー・バイデン氏が生前、ハリス氏を高く評価していたことも選考を行う上で大きかったと明かしています。

バイデン氏の課題は、支持者や選挙運動の熱意が欠けることだと指摘され、バイデン氏よりも20歳以上若く、知名度もあるハリス氏がバイデン氏の弱点を補い、陣営に勢いをもたらすことへの期待もありそうです。

一方で、政治的な立ち位置が、バイデン氏と同じく「中道寄り」とされるハリス氏を選んだことで、バイデン氏と候補者指名を激しく争った、左派のサンダース上院議員やウォーレン上院議員を支持する有権者を取り込めるかが、課題として残ることになりそうです。

「理想的なパートナーを選んだ」オバマ氏

バイデン氏とともに8年間、政権を率いたオバマ前大統領が11日、自身のツイッターに声明を投稿しました。

このなかでオバマ氏は、副大統領候補選びについて、「大統領が下す最初の重要な決断だ」と指摘したうえで、「バイデン氏はこの決断をしっかりと下した。アメリカがいま直面し、今後も続く難題に取り組むのを助けてくれる理想的なパートナーを選んだ」と歓迎しました。

オバマ氏は、長年知っているというハリス氏については、「彼女は仕事をする準備が十分にできている。私たちの国の憲法を守り、公平に扱われるべき人々のために闘ってきた」と期待を示しました。

また、ハリス氏が移民の2世として生まれ育ったことを念頭に、「彼女の人生に私やほかの多くの人たちが自身を重ね合わせて見ることができる。どこの出身でも、どのような外見でも、何を崇拝し、誰を愛していようとも、ここにはあなたの居場所があるということだ」と述べ、「これはアメリカ人の土台となる考え方であり、過去の困難な時代から私たちを導いてくれた」と訴えました。

そして「きょうは私たちの国にとってよき日となった。勝利に向けて進もう」と団結を呼びかけました。

ハリス氏の家族と人柄

カマラ・ハリス氏は、2014年に弁護士の男性と結婚し、男性の前の結婚相手とのあいだに生まれた、血のつながっていない2人の子どもがいると公表しています。

家族内では、子どもたちに「ママ」と自身のファーストネーム、「カマラ」を掛け合わせた「ママラ」と呼ばれているとし、家族との写真や動画を自身のSNSに投稿しています。

このうち、去年5月のインスタグラムへの投稿では、家族4人が肩を寄せ合って撮影した写真とともに、「エラとコールにとっての『ママラ』でいられることに毎日、感謝しています」というコメントを寄せています。

また、2年前の娘の誕生日には娘と抱き合う写真とともに、「あなたがあなたであること、そしてあなたが行うことのすべてが私の誇りです」と書き込んでいます。

休みの日曜日の夜には家族とともに料理をするのが日課だとし、夫とともにローストチキンを作る動画もインスタグラムで公開しています。

また、ハリス氏は、公民権運動にも参加していたインド出身の母親について自身のSNSで取り上げることも多く、このうち、民主党の候補者指名を目指していた去年11月にツイッターに投稿した演説では、「私の母は誇り高い、有色人種の、なまりの強い女性だった。何度も見過ごされたり、軽んじられたりする女性だった。そのたびに、私の母はそれが間違いだと証明してきた。母のおかげで、私はアメリカ大統領選挙に向け、候補者としてここに立っている」と話し、非白人としての親の苦労を紹介するとともに母親への感謝の気持ちを表しています。

ことし5月の母の日には、自身が小さかった頃の母親の写真とともに「私はあらゆる障壁を打ち破った母親の娘です。身長は5フィート以下でしたが彼女に会ったことがあるなら、彼女の身長は7フィートだと思うでしょう」というコメントをインスタグラムに掲載しています。

バイデン氏との相性は?

バイデン氏は、気が合うという意味の「シンパティコ=simpatico」ということばを頻繁に使い、副大統領候補には自分と相性の良い人物を選ぶと話していました。

アメリカの主要メディアはハリス氏との相性については詳しく伝えていませんが、2人が、バイデン氏の亡くなった息子を通じて関係を築いたと報じています。

アメリカの新聞「ワシントンポスト」や、政治専門サイト「ポリティコ」などは、バイデン氏とハリス氏の関係についてバイデン氏の長男で2015年に46歳の若さで脳腫瘍で亡くなったボー・バイデン氏を通じて関係が築かれたと伝えています。

長男は生前、デラウェア州の司法長官を務めていましたが、当時、カリフォルニア州で司法長官だったハリス氏のことや、ハリス氏の仕事ぶりを高く評価していたということで、それをきっかけにバイデン氏とハリス氏の間でも良好な関係が築かれたとしています。

ただ、2人の関係をめぐっては、去年6月に行われたテレビ討論会で、ハリス氏が人種問題をめぐってバイデン氏を激しく追及したことで、バイデン氏の陣営との間にしこりを残し、両者は必ずしも良好な関係ではないという見方も広がっていました。

アメリカの新聞ニューヨーク・タイムズも、「2人が緊張した関係にあるかもしれないと多くの政治評論家が受け止めていた」としたうえで、バイデン氏の陣営は、2人の相性に疑問が生じないよう、亡くなった長男を通じて築いた両者の関係を強調していると伝えています。

「政治家が多様性を反映するのは大事」

カマラ・ハリス上院議員が、およそ20年前、サンフランシスコ市の司法関係の部署で働いていた時の上司、ルイス・レニーさんが11日、NHKのインタビューに応じ、「ハリス上院議員が副大統領候補に選ばれたのは、とてもすばらしいことです。きょうは本当にうれしいです」と喜びを語りました。

当時、ハリス氏は、レニーさんのもとで虐待を受けた子どものケアや育ての親になる人との面会などを担当していました。

その時のハリス氏について、レニーさんは、「当時、私が感じたのは、彼女は知的であるだけでなく、とても人の面倒を見ることが好きだということです。担当になった初めての日には、『子どもたちみんなにぬいぐるみを配りましょう』なんて、私の部屋に入ってきて言っていました」と振り返りました。

また、女性で黒人のハリス氏が副大統領候補に選ばれたことについては、「アメリカは世界中から人が集まってできた国なので、この国の政治家がアメリカの多様性を反映するのは大事なことです。そういう点で、ハリス氏という人物が、今、ホワイトハウスに求められているのだと思います」と話していました。

さらに、レニーさんは、ハリス氏がカリフォルニア州の司法長官などを経験していることについて、「カリフォルニア州は大きな州でいろいろな考えの人がいます。彼女はそういう人たちとうまくやってきました。こうした彼女の能力は副大統領になるにあたってプラスになるでしょう」と話していました。