広い範囲で猛暑日 群馬や埼玉で40度超も 熱中症に厳重な警戒を

広い範囲で猛暑日 群馬や埼玉で40度超も 熱中症に厳重な警戒を
k10012561651_202008111214_202008111214.mp4
西日本と東日本、それに東北の各地で11日も猛暑日となり、群馬県や埼玉県では最高気温が40度を超えたほか、東京都内などでも40度近くに迫る危険な暑さとなっているところがあります。熱中症に厳重な警戒が必要です。
気象庁によりますと、西日本と東日本、それに東北の広い範囲で高気圧に覆われ、各地で気温が35度以上の猛暑日となっています。

群馬県伊勢崎市では、午後2時半に最高気温が40.5度に達し、ことし全国で最も高い気温を観測しました。

また、午後2時半までの最高気温は、群馬県桐生市で40.4度、埼玉県鳩山町で40.2度、東京・青梅市で39.6度、茨城県古河市で39.2度、富山市で38.9度、福島県伊達市で38.2度などと、各地で危険な暑さとなっています。
このほか、兵庫県豊岡市で37.6度、東京の都心で37.3度、名古屋市で36.2度などと、各地で猛烈な暑さとなっています。連日の猛暑で、熱中症とみられる症状で病院に搬送される人も相次いでいます。

引き続き熱中症に厳重に警戒してください。こまめに水分を補給し、屋外ではできるだけ日ざしを避け、人との十分な距離を確保できる場合には定期的にマスクを外すほか、室内では適切に冷房を使うなど十分な対策を取ってください。