長野 大町 キャンプ中の女性がクマにかまれる

長野 大町 キャンプ中の女性がクマにかまれる
10日朝、長野県大町市で静岡県からキャンプに訪れ、散歩をしていた女性がクマに頭をかまれてけがをし、市が警戒を呼びかけています。
10日午前6時前、大町市平の木崎湖の西側の岸の路上で50代の女性がクマに襲われたと警察に通報がありました。

警察によりますと、女性は1人で散歩していてクマと遭遇し、逃げようとしたところ頭をかまれたということで、松本市内の病院に搬送されました。

けがの程度は軽いとみられるということです。

大町市によりますと、女性は静岡県から夫婦で木崎湖の湖畔にあるキャンプ場を訪れていたということです。

襲ったのは、おとなのクマとみられ、警察や市の職員などが捜索を行いましたが見つからなかったということです。

大町市はクマの活動が活発になる朝や夕方の時間帯の外出を控え、山に入る場合は鈴や笛を鳴らすよう、また収穫後に不要となった農作物や残飯など餌になるものを放置しないよう警戒を呼びかけています。