香港の警察 新聞創業者ら9人を逮捕 国家安全維持法違反の容疑

香港の警察 新聞創業者ら9人を逮捕 国家安全維持法違反の容疑
k10012560691_202008101213_202008101217.mp4
香港の警察は、中国に批判的な論調で知られる香港の新聞の創業者ら9人を香港国家安全維持法に違反した疑いで逮捕しました。香港国家安全維持法の施行後、外国とつながりのある人や著名な活動家らへの締めつけが一層強まっています。
香港の警察などによりますと、逮捕されたのは、中国に批判的な論調で知られる香港の新聞「リンゴ日報」の創業者、黎智英氏ら9人です。

警察は、黎氏らは外国の勢力と結託して国家の安全に危害を加えたとして、反政府的な動きを取り締まる香港国家安全維持法に違反した疑いなどがあるとしていますが、具体的にどのような行為が法律違反とされたのかは明らかにしていません。
また、逮捕者がさらに増える可能性があるとしています。

黎氏は去年7月、アメリカを訪問してポンペイオ国務長官と面会するなど香港の問題を国際社会に訴える活動で知られるほか、著名な民主活動家ら12人とともに、ことし6月に香港で行われた天安門事件の追悼集会を呼びかけたとして起訴され、裁判が続いています。

香港の警察は、先月末には海外で活動する民主活動家ら6人を香港国家安全維持法に違反した疑いで指名手配するなど、ことし6月末の法律の施行後、外国とつながりのある人や著名な活動家らへの締めつけを一層強めています。

警察が新聞社捜索 民主派政党「言論の自由への弾圧だ」

黎智英氏が経営する新聞社の建物には、10日午前から大勢の警察官が捜索に入りました。香港のメディアは捜索に当たった警察官の数は100人以上にのぼると伝えています。

警察は「事件に関連する場所のみ捜索しており、所属する記者や編集に関連する部署での捜索はしない」と説明しています。

これに対し香港のメディアでつくる香港記者協会の楊健興代表は「記者や机に置かれた資料などが捜索の対象になっている。報道の自由をひどく損なう行為であり、警察は捜索をすぐにやめるべきだ」と述べて警察の対応を非難しました。

また民主派政党も「言論の自由への弾圧だ」とか、「法律を武器に、政府と異なる意見の人を次々に逮捕することは、社会を破壊するような影響しかもたらさない」などとする声明を出して反発しています。