長崎 原爆で1400人以上が犠牲 城山小学校で平和を願う集会

長崎 原爆で1400人以上が犠牲 城山小学校で平和を願う集会
長崎市の爆心地に近い城山小学校で平和を願う集会が開かれ、子どもたちが犠牲者に祈りをささげるとともに、平和への思いを新たにしていました。
長崎市の爆心地から500メートルの場所にある城山小学校の前身、旧城山国民学校では、原爆で児童や教師、1400人以上が犠牲となり、敷地内に残る旧校舎は原爆の被害を伝える「被爆遺構」の一つとして、国の史跡に指定されています。

小学校では毎月、平和について考える集会が行われていて、9日も体育館で6年生の児童90人が、平和を願って歌い継がれてきた「子らのみ魂よ」を合唱したあと、グラウンドの慰霊碑に花を手向けました。

この後、クラスごとに考えた「平和への誓い」の発表が行われました。

ことしは、感染症対策のためオンラインで行われ、各クラスの児童が「つるに平和の思いをのせて世界中へはばたかせよう」などといったメッセージをテレビ画面を通して発表しあっていました。

そして、原爆がさく裂した午前11時2分になると、各クラスで黙とうし、児童たちは平和への思いを新たにしていました。

5年生の田浦優衣さんは「原爆でたくさんの人が亡くなっているので、お祈りをしっかりできてよかったです」と話していました。

同じ5年生の片山瑛太さんは「原爆の日はとても大切な日なので、もっと勉強して多くの人に伝えていきたいです」と話していました。