長崎原爆の日 祈念式典で市長「核兵器の脅威 世界共通の課題」

長崎原爆の日 祈念式典で市長「核兵器の脅威 世界共通の課題」
k10012559371_202008091219_202008091220.mp4
長崎に原爆が投下されて9日で75年です。
新型コロナウイルスの影響で平和祈念式典の規模が縮小される中、長崎市の田上市長は、新型コロナウイルスの脅威と同じように核兵器の脅威も世界共通の課題だとして、すべての人々が当事者として問題解決に向けて参加するよう呼びかけました。
長崎市の平和公園で行われた平和祈念式典には、被爆者や安倍総理大臣のほか、68の国の代表などが参列しました。

ことしの式典は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、一般の参列者席が設けられず、参列者は例年の1割ほどの500人程度となりました。

式典ではこの1年に亡くなった被爆者など、合わせて3406人の名前が書き加えられた18万5982人の原爆死没者名簿が納められました。
そして、原爆がさく裂した午前11時2分に合わせて黙とうをささげました。
長崎市の田上市長は平和宣言の中で、「新型コロナウイルス感染症が自分の周囲で広がり始めるまで、私たちがその怖さに気付かなかったように、もし、核兵器が使われてしまうまで人類がその脅威に気付かなかったとしたら、取り返しのつかないことになってしまう」と述べ、新型コロナウイルスの脅威と同じように、核兵器の脅威も世界共通の課題だとして、すべての人々が当事者として問題解決に向けて参加するよう呼びかけました。

そのうえで、「核兵器廃絶は人類がみずからに課した約束」として、被爆者の長年の悲願である核兵器禁止条約を日本政府が1日も早く署名・批准するよう求めました。

これに対し、安倍総理大臣は広島原爆の日に続き核兵器禁止条約には触れず、「唯一の戦争被爆国として、『核兵器のない世界』の実現に向けた国際社会の努力を1歩1歩、着実に前に進めていくことはわが国の変わらぬ使命だ」と述べました。

被爆者代表「『長崎を最後の被爆地に』との思いを訴え続ける」

被爆者を代表して深堀繁美さん(89)が、「平和への誓い」を述べ、きょうだい4人を亡くしたことや、爆心地からおよそ500メートルにあった浦上天主堂が原爆で大きく崩れたことなどを話しました。

そのうえで、去年11月にローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が被爆地・長崎で「核兵器はなくさなければならない」と発信したことをあげ、「被爆者が1人また1人といなくなる中にあって、教皇のメッセージを糧に『長崎を最後の被爆地に』との思いを訴え続けていく」と決意を述べました。

感染リスク避けるため自宅で祈る被爆者も

長崎に原爆が投下されてから75年の9日、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため平和祈念式典への参加をとりやめ、自宅で祈りをささげる被爆者の姿も見られました。

長崎県大村市に住む松尾勇さん(88)は13歳の時に爆心地からおよそ1.1キロメートルの距離で被爆し、父親の兼松さん(当時77)と母親のマサさん(当時54)を亡くしました。

松尾さんはこれまで、毎年8月9日には子や孫たちとそろって平和祈念式典に参加してきました。

しかし、ことしは新型コロナウイルスへの感染リスクが高まっていることを考慮し、県外に住む孫たちは帰省をとりやめ、松尾さんも式典への出席を控え、自宅で祈りをささげました。

9日は、自宅のある大村市でテレビ中継の様子を見つめ、原爆がさく裂した午前11時2分には手を合わせて祈りをささげていました。

松尾さんは「75年生かしてもらったことに感謝しています。ことしは新型コロナウイルスの影響で式典に参加できず残念ですが、戦争は絶対してはいけないと強く感じています」と話していました。

平和公園 犠牲者に思いはせる人々の姿 途絶えず

長崎原爆の日の9日、平和祈念式典が行われた平和公園には、夕方になっても平和祈念像の前に設けられた献花台に手を合わせたり、花をたむけたりして、犠牲者に思いをはせる人の姿が途絶えません。

家族3人で平和公園を訪れた長崎市に住む51歳の女性は「きょうは長崎にとって特別な日で、ことしは節目の年なので、家族で来ました。もう75年もたったのかと思います」と話していました。