小学校で体育授業の児童7人搬送 熱中症か 東京 足立区

小学校で体育授業の児童7人搬送 熱中症か 東京 足立区
7日午前、東京 足立区の小学校で体育の授業をしていた児童7人が、熱中症とみられる症状を訴えて病院に運ばれました。区の教育委員会によりますと、いずれも症状は軽いということです。
7日午前10時前、東京 足立区の足立小学校で「熱中症の疑いがある人がいる」と東京消防庁に通報がありました。

救急隊が駆けつけたところ、3年生の男女合わせて7人の児童が熱中症とみられる症状を訴えて病院に運ばれました。

区の教育委員会によりますと、いずれも症状は軽く、すでに帰宅したということです。

小学校では3年生のクラスが校庭で体育の授業を行っていたということですが、児童はマスクを外して帽子をかぶったうえで休憩や水分補給の時間を設けるなど、熱中症の対策をとっていたということです。東京都では7日、高温注意情報が発表されていて、区の教育委員会は学校に対し、熱中症に注意するよう呼びかけていました。