西・東日本 太平洋側中心 すでに猛暑日も 熱中症に警戒

西・東日本 太平洋側中心 すでに猛暑日も 熱中症に警戒
西日本や東日本の太平洋側を中心に晴れて気温が上がり、東京の都心でことし初めての猛暑日となりました。湿度も高く、熱中症の危険性が高くなっていることから、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では適切に冷房を使うなど、熱中症に警戒が必要です。
気象庁によりますと、西日本と東日本、東北南部の太平洋側を中心に高気圧に覆われておおむね晴れていて、各地で気温がぐんぐん上がっています。

正午までの最高気温は、
▽静岡市で36.2度、
▽埼玉県越谷市で35.5度、
▽東京の都心で35.4度、
▽神奈川県小田原市で35.1度などと、各地で猛暑日となっています。

東京の都心では午前11時40分ごろに、ことし初めての猛暑日となりました。

また、
▽愛媛県大洲市で34.9度、
▽和歌山県古座川町の西川で34.1度、
▽福島県相馬市で33.1度など各地で厳しい暑さになっています。

このあともさらに気温が上がり、日中の最高気温は、
▽さいたま市で37度、
▽東京の都心と静岡市、甲府市で36度、
▽宮崎市、大阪市、千葉市、水戸市、それに福島市などで35度と、猛烈な暑さになると予想されています。

屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では適切に冷房を使うなど、熱中症に警戒が必要です。

気象庁と環境省は、関東甲信を対象に湿度などの影響も反映した「暑さ指数」を用いて、新たな高温注意情報の運用を始めていて、東京、千葉県、茨城県では、この情報が発表されています。

熱中症の危険性が極めて高くなると予想され、外出をなるべく避けるなど一層の対応が必要です。