北海道 宗谷地方と島根県 隠岐で記録的な大雨 警戒を

北海道 宗谷地方と島根県 隠岐で記録的な大雨 警戒を
k10012555561_202008071341_202008071343.mp4
低気圧や前線の影響で、北海道の宗谷地方と島根県の隠岐では記録的な大雨となりました。これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり、気象庁は引き続き土砂災害などに警戒を呼びかけています。一方、前線の活動が活発になる影響で東北の日本海側を中心に9日にかけて大雨となるおそれがあり、警戒が必要です。
気象庁によりますと低気圧が通過している影響で、北海道の宗谷地方では明け方ごろから雨が強まり、▽稚内市では午後5時までの24時間の雨量が157ミリと平年の8月1か月分の雨量を超えたほか、▽宗谷岬では午前11時までの24時間の雨量が150ミリに達し、統計を取り始めてから最も多くなるなど、記録的な大雨となりました。

また、低気圧からのびる前線の影響で島根県の隠岐にも発達した雨雲がかかり▽隠岐の島町では午後2時前までの12時間雨量が280ミリと平年の8月1か月分の雨量の2倍以上に達し、統計を取り始めてから最も多くなりました。

北海道の宗谷地方と島根県の隠岐ではこれまでの雨で地盤が緩んでいるため引き続き土砂災害や川の増水に警戒が必要です。

一方、この前線が停滞する影響で東北地方では日本海側を中心に大気の不安定な状態が続くと予想されています。特に8日夕方から9日にかけては雷を伴って激しい雨が断続的に降り、局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

8日夕方から9日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで▽東北の日本海側で100ミリから200ミリ、▽太平洋側で100ミリから150ミリと予想されています。

東北地方では最新の情報に注意するとともに土砂災害や低い土地の浸水、それに川の増水に警戒してください。