ベイルート爆発 米大統領「ひどい攻撃があったように見える」

ベイルート爆発 米大統領「ひどい攻撃があったように見える」
中東・レバノンの首都ベイルートでの大規模な爆発についてトランプ大統領は4日、ホワイトハウスで開いた記者会見で、「アメリカはレバノンを支援する用意がある。ひどい攻撃があったように見える」と述べました。
また、レバノン政府が倉庫に保管されていた化学物質が爆発したと説明している中、「攻撃」ということばを使った理由について記者団から質問されると、トランプ大統領は「軍の高官と会って話をしたが、攻撃の可能性があると考えているようだ。何らかの爆弾のようだ」と説明しました。

一方、アメリカ国防総省は大統領の発言の直後に声明を発表し、「ベイルートでの爆発は認識しており、積極的に調査を進めているが、現在のところ、爆発の原因やその影響について発表できることはない」として詳しい言及を避けました。