100か国で学校の再開時期決められず 「史上最大の混乱」国連

100か国で学校の再開時期決められず 「史上最大の混乱」国連
k10012551481_202008050918_202008050921.mp4
国連は、新型コロナウイルスの感染拡大により世界のおよそ100か国で学校を再開する時期を決められずにいるとして、各国に対して感染の封じ込めに全力を挙げるとともに、教育予算を増やして早期の再開を目指すよう呼びかけています。
国連は4日、新型コロナウイルスの感染拡大のもと各国の教育の現状をまとめたグテーレス事務総長による報告書を発表しました。

報告書は、現在190か国でおよそ16億人が教育を受けられないなど新型コロナウイルスによる影響を受けているとして「史上最大の教育システムの混乱が起きている」としています。

そして、およそ100の国が感染拡大防止のために閉鎖した学校を再開する時期を決められずにいるとして「学校制度が崩壊したら平和的で豊かな社会は維持できなくなる」として、地域社会にも影響が及ぶという懸念を示しています。

そのうえで報告書は、各国が感染の封じ込めに全力を挙げるとともに、教育予算を拡充して学校の早期再開を目指すよう呼びかけています。

とりわけ発展途上国については、先進国側による債務の減免や教育を対象にしたODA=政府開発援助が必要だとして、国際社会に協力を訴えています。