はとバス事故でドライバー書類送検へ インフルエンザで運転か

はとバス事故でドライバー書類送検へ インフルエンザで運転か
k10012551381_202008050441_202008050441.mp4
去年12月、東京の観光バス「はとバス」がハイヤーに追突し相手の運転手が死亡した事故で、警視庁はバスのドライバーが体調不良だったにもかかわらず運転して事故を起こしたとして、5日にも過失運転致死の疑いで書類送検する方針です。ドライバーは当時、インフルエンザにかかっていたということです。
去年12月、東京・新宿区で観光バス「はとバス」が停車していたハイヤーに追突して乗り上げ、ハイヤーの運転手の52歳の男性が死亡しました。

警視庁によりますと、バスを運転していたのは38歳の男性ドライバーで、ドライブレコーダーには事故の数秒前からドライバーの頭がゆっくりと揺れている様子が映っていました。

その後の検査で、ドライバーがインフルエンザにかかり、当時、38度を超える熱が出ていたとみられることが分かったということです。

このため警視庁は、ドライバーが体調不良だったにもかかわらずバスを運転して事故を起こしたとして、5日にも過失運転致死の疑いで書類送検する方針です。

警視庁などによりますと、ドライバーは当時、漢方のかぜ薬を服用して出勤していたということで、「事故の前後の記憶がない」などと話しているということです。

医師「運転手は特に注意必要」

今回の事故について、インフルエンザの症状に詳しい村上典子医師は「インフルエンザウイルスは中枢神経に及ぼす影響が非常に大きいことで知られ、突然意識がもうろうとしたり、意識障害を起こしたりすることも考えられる。バスの運転手などは多くの命を預かる仕事であり、特に注意が必要だ」と指摘しています。

そのうえで「ドライバーは、インフルエンザが流行する時期に少しでも熱やだるさ、せきなどの症状があれば、出勤前に必ず医療機関を受診してほしい」と話していました。