合流協議 国民・玉木氏「党首会談を」 立民・枝野氏は否定的

合流協議 国民・玉木氏「党首会談を」 立民・枝野氏は否定的
立憲民主党との合流協議を加速させたいとして、国民民主党の玉木代表は、枝野代表に党首会談を呼びかけました。一方、枝野氏は、現状での会談の実現に否定的な考えを示しました。
立憲民主党と国民民主党の合流協議は、新党の党名の扱いなどで合意しておらず、両党の幹事長どうしが調整を続けています。

国民民主党の玉木代表は、4日の記者会見で「新型コロナウイルスの感染が拡大する中、だらだらと協議することは望ましくない。トップどうしが腹を割って話し合うことが必要だ」と述べ、党首会談を呼びかけました。

そのうえで「国民に対して責任を負う政治集団として、両党とも意義と大義を示すことが必要だ」と述べ、合流にあたっては、政策面での一致が不可欠だという認識を重ねて示しました。
一方、枝野代表は玉木氏と同じ時間帯に行われた記者会見で、記者団から、玉木氏と会談する意向があるかどうか問われ「現状はない。幹事長に任せている」と述べ、否定的な考えを示しました。

そして「幹事長間でまとまらないものを、それ以外でまとめられると思わない」と述べました。