「広島 長崎 原爆の日式典に総理出席」菅官房長官

「広島 長崎 原爆の日式典に総理出席」菅官房長官
菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、安倍総理大臣が、今月6日に広島、9日に長崎でそれぞれ開催される原爆の日の式典に出席することを発表しました。
この中で、菅官房長官は、安倍総理大臣が、今月6日に広島、9日に長崎で開催される原爆の日の式典に出席すると発表しました。

そのうえで、安倍総理大臣の式典でのメッセージについて、「原子爆弾の犠牲になられた方々のみたまに対し、哀悼の誠をささげ、唯一の戦争被爆国として、広島と長崎の悲劇を二度と繰り返させないという決意や、核兵器のない世界の実現に向けた決意を表明するという式典の趣旨を踏まえたものになるだろう」と述べました。

また、核軍縮に向けた政府の対応について、「核軍縮をめぐる各国の立場の相違が拡大しているのが現実だ。政府としては、現実の安全保障上の脅威に適切に対応しながら、地道に、現実的に核軍縮を前進させる道筋を追求していく」と述べました。

一方、菅官房長官は、広島でいわゆる「黒い雨」を浴びた住民が健康被害を訴えた裁判で、広島地方裁判所が、全員を被爆者と認める判決を言い渡したことを受けた政府の対応について、「関係省庁、広島県および広島市で、判決内容を精査したうえで検討していく」と述べました。