ソフトバンクグループ 約400億円の申告漏れ

ソフトバンクグループ 約400億円の申告漏れ
k10012549581_202008041247_202008041249.mp4
ソフトバンクグループが東京国税局の税務調査を受け、為替レートの計算を誤って損失を過大に申告したなどとして、去年3月期におよそ400億円の申告漏れを指摘されていたことが分かりました。
関係者によりますと、グループは日本の子会社からのドル建ての負債に関係する損失について、為替レートの計算を誤った結果、およそ170億円が過大だったと国税局に指摘されたということです。

また、投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の運営を担う子会社に対する成功報酬について、本来計上されるべき年度とずれているのに経費に計上したとして、およそ140億円の申告漏れを指摘されたということです。

申告漏れの総額は去年3月期で合わせておよそ400億円に上りましたが、過去の損失と相殺され追加の税負担はないということです。

ソフトバンクグループはNHKの取材に対し「国税局より経費計上のタイミングのずれや、外貨建て負債の換算ミスなどの指摘を受け、修正申告した」とコメントしています。