捜査員が訪問後容疑者飛び降りて死亡 東京 中野区

捜査員が訪問後容疑者飛び降りて死亡 東京 中野区
4日朝、東京 中野区で都の迷惑防止条例違反で逮捕状が出ていた男の自宅マンションを警視庁の捜査員が訪れたところ、男がベランダから飛び降りて死亡しました。警視庁は「捜査に問題はなかった」としています。
警視庁によりますと、4日午前6時すぎ、町田警察署の捜査員4人が東京都の迷惑防止条例違反で逮捕状が出ていた52歳の容疑者の男が住む中野区のマンションの20階の部屋を訪れました。

インターフォンを鳴らすと男は「着替えるので待ってほしい」と話しましたが出てこず、捜査員が合鍵を使って部屋に入るとベランダから飛び降りたということです。

男はまもなく死亡しました。

先月、東京 町田市で未成年の女性のスカートの中を盗撮した疑いが持たれていたということで、警視庁が当時の状況を調べています。

警視庁は「捜査に問題はなかった」としています。