ミサイル防衛 相手領域内でも攻撃阻止提言 政府に提出へ 自民

ミサイル防衛 相手領域内でも攻撃阻止提言 政府に提出へ 自民
k10012549391_202008041248_202008041257.mp4
ミサイル防衛体制の在り方をめぐり、自民党の政調審議会は、抑止力を向上させるため、相手の領域内でも攻撃を阻止するなどとした検討チームの提言を了承し、4日午後、政府に提出することにしています。
新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の山口・秋田両県への配備断念を受けたミサイル防衛体制の在り方について、自民党は、検討チームなどで議論を重ね、4日、政調審議会を開いて提言を了承しました。

提言では、北朝鮮や中国のミサイル能力が向上し、脅威が増しているとしたうえで、抑止力を向上させるための取り組みとして、憲法の範囲内で、専守防衛の考えのもと、相手の領域内でも弾道ミサイルなどを阻止する能力の保有を含め、政府として早急に結論を出すよう求めています。

一方で、日米同盟における両国の基本的な役割分担や、攻撃的な兵器を保有しないといったこれまでの政府方針は維持すべきだとしています。

また、防空能力を強化するため、「イージス・アショア」に替わる、持続的に対応できる機能の確保に向け、具体的な案を示すよう求めています。

自民党は、4日午後、政府に提言を提出することにしています。

河野防衛相「提言受け止め検討」

河野防衛大臣は閣議のあとの記者会見で「与党の提言を受け止めながら『イージス・アショア』の代替策や、新たなミサイルの脅威に対応できるようにしっかり検討していく」と述べました。

また、記者団が「安全保障政策の見直しについて、中国や韓国などの理解をどのように得ていくのか」と質問したのに対し、河野大臣は「主に中国がミサイルを増強しているときに、なぜ、その了解がいるのか。わが国の領土を防衛するのになぜ韓国の了解が必要なのか。防衛白書やその他でしっかりと説明してきている」と述べました。

菅官房長官「与党の議論受け止める」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で「わが国を取り巻く安全保障環境が一層、厳しくなる中で、政府としてもわが国の安全保障のありようについて、現行憲法の範囲内で専守防衛という考え方の中で、自民党の提言をはじめとする与党の議論をしっかり受け止めつつ、政府内でも議論していきたい」と述べました。