米 トランプ大統領 TikTok買収交渉 9月15日までに合意を

米 トランプ大統領 TikTok買収交渉 9月15日までに合意を
アメリカのトランプ大統領は、中国企業が提供するアプリ「TikTok」について、大手IT企業のマイクロソフトによる買収交渉が9月15日までに合意に達しなければ、アメリカ国内での事業を禁止する考えを示しました。
「TikTok」をめぐっては、中国に悪用されるおそれがあるとして、トランプ政権がアメリカ国内での禁止などを検討するなか、大手IT企業のマイクロソフトが事業の買収交渉を進めています。

これについてトランプ大統領は3日、「アメリカの安全な大企業が買収してもよい」と述べ、これまで賛同しないとしてきたほかの企業による買収を容認する考えを示しました。

そのうえで、トランプ大統領は「マイクロソフトなどが取り引きをまとめられなければ、9月15日に事業ができなくなる」と述べ、アメリカ企業による買収が9月15日までに合意に達しなければ、「TikTok」のアメリカ国内での事業を禁止する考えを示しました。

トランプ政権は、当面は、「TikTok」の禁止措置を見送った形ですが、今後の交渉しだいでは強硬な措置を取る可能性もあり、買収交渉の行方が注目されます。