ノーベル平和賞 ヒューム氏死去 北アイルランドの政治家

ノーベル平和賞 ヒューム氏死去 北アイルランドの政治家
カトリック系とプロテスタント系の住民の間で長年、紛争が続いていたイギリスの北アイルランドで和平の実現に貢献し、ノーベル平和賞を受賞した北アイルランドの政治家、ジョン・ヒューム氏が亡くなりました。83歳でした。
北アイルランドでは、1960年代から90年代にかけてイギリスからの分離の是非をめぐって、カトリック系とプロテスタント系の住民の間で紛争が続き、3000人以上が犠牲となりました。

ヒューム氏は、穏健派のカトリック系の政党、社会民主労働党の党首として紛争の終結に力を注ぎ、1998年に、北アイルランドの帰属について住民の意思に委ねるなどとしたイギリスとアイルランドの和平合意につなげました。

ヒューム氏は、この合意への貢献が大きく評価され、1998年に自治政府の初代首相を務めたデービッド・トリンブル氏と共同でノーベル平和賞を受賞しました。

イギリスの公共放送BBCによりますと、ヒューム氏は、3日生まれ故郷の北部のロンドンデリーにある老人ホームで亡くなったということです。

83歳でした。

1998年の和平合意の時イギリスの首相だったブレア氏は3日、声明を発表し、「ヒューム氏は過去と同じ道を歩む未来を拒否した偉大な政治家だった」とその死を悼みました。