SNS上のひぼう中傷 総務省の有識者会議が緊急の提言案

SNS上のひぼう中傷 総務省の有識者会議が緊急の提言案
SNS上のひぼうや中傷が問題になる中、総務省の有識者会議が3日緊急の提言案をまとめました。SNSの事業者に対し、被害者からの申告に応じて迅速に削除を行うことなどを求めています。
この中では、SNSの事業者には、ひぼうや中傷を被害者からの申告に応じて迅速に削除することが求められるとしています。

このため、被害者からの申告などを受け付ける分かりやすい仕組みをSNS事業者が整えるべきだとしています。

また、政府に対してもSNSの事業者がとっている対策を適切に把握して評価するとともに、ひぼうや中傷を投稿した人物についての情報の開示が進むよう環境を整えるべきだとしています。

SNSでのひぼうや中傷をめぐっては、ことし5月に民放の番組に出演していたプロレスラーの女性が自殺したとみられる問題をきっかけに対策を求める声が強まっていて、総務省では今回の提言案も踏まえ近く対策を取りまとめることにしています。