台湾の李登輝元総統死去 日本でも多くの人が追悼

台湾の李登輝元総統死去 日本でも多くの人が追悼
k10012548331_202008031815_202008031831.mp4
台湾の民主化に尽力した李登輝元総統が死去したことを受けて、東京にある台湾の窓口機関には記帳台が設けられ、多くの人が李元総統の死を悼みました。
台湾で、初めての直接投票による総統選挙を実現させるなど、民主化に尽力した李登輝元総統は、先月30日に多臓器不全などのため、97歳で亡くなりました。

東京 港区にある日本との窓口機関駐日代表処には、3日から記帳台が設けられ、会場の外まで長い列を作るほど多くの人たちが追悼に訪れました。

弔問者らは記帳を済ませると、李元総統が好きだったという「千の風になって」の音楽が流れるなか、祭壇に置かれた李元総統の写真の前で手を合わせて、その死を悼みました。

弔問に訪れた40代の男性は「妻が台湾出身で、私も台湾で中国語を学びました。李登輝元総統は今の台湾をつくった当事者で、亡くなったと聞き、ぜひ弔問に行きたいと思って、きょうは訪れました」と話していました。

また、60代の女性は「日本との関係を思うと、本当に大切な方を亡くした。いつも日本と台湾の友好を第一に考えていた方であり、後を継ぐ方がどんどん出てきてくれたら」と話していました。
記帳台は、東京以外にも横浜、那覇、札幌、大阪にある台湾の窓口機関にも設けられ、今月7日まで弔問を受け付けています。