大リーグ 大谷 2回途中2失点で交代 登板後 腕に違和感で検査

大リーグ 大谷 2回途中2失点で交代 登板後 腕に違和感で検査
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が2日のアストロズ戦で、復帰後2回目となる先発登板に臨みましたがコントロールに苦しみ、フォアボール5つを出して2点を失い、2回途中でマウンドを降りました。
大谷選手は先月26日のアスレティックス戦でおととし受けた右ひじの手術からピッチャーとして復帰しましたが1アウトも取れずに交代し、5失点で負け投手になりました。

大谷選手はピッチャーとしては中6日で2日、本拠地アナハイムで行われたアストロズ戦で2回目となる先発に臨み、1回、先頭のスプリンガー選手からフォークボールで空振りの三振を奪いました。

さらに2番のアルトゥーベ選手はキャッチャーフライ、3番のブレグマン選手はライトフライと、強力なアストロズ打線の中心3人をアウトに取り、順調な滑り出しでした。

ところが2回はコントロールが乱れて、先頭から3者連続のフォアボールで満塁のピンチを招きました。

それでも7番をフォークボールで空振りの三振、8番を低めの速球で見逃しの三振にとり2アウトとしましたが、続くバッターにフルカウントからの速球が外れて押し出しのフォアボールとなり、さらに次のバッターにも押し出しのフォアボールを出したところで交代しました。

大谷選手は1回と3分の2イニングを投げてヒットは打たれませんでしたが、フォアボール5つで2失点、三振3つの内容でした。

試合はエンジェルスが延長11回、5対6で敗れ、大谷選手に負けはつきませんでした。

登板後 腕に違和感

登板後、大谷選手は右腕の違和感を訴えて、病院で精密検査を受けました。

球団によりますと検査結果はまだ出ていないということです。