サッカーJ2第9節 結果 首位のV・ファーレン長崎は引き分け

サッカーJ2第9節 結果 首位のV・ファーレン長崎は引き分け
サッカーJ2は第9節の9試合が行われ、首位のV・ファーレン長崎は東京ヴェルディと引き分けました。
▽唯一負けのないV・ファーレンはヴェルディと0対0で引き分け、勝ち点を23としました。

▽徳島ヴォルティス対モンテディオ山形は、ヴォルティスが1対0で勝ち、勝ち点16で暫定3位に順位を上げました。

▽松本山雅対ギラヴァンツ北九州は、ギラヴァンツが2対1で勝ち、3連勝で勝ち点を16としました。

松本は3連敗です。

▽栃木SC対アルビレックス新潟は、0対0で引き分けました。

▽ヴァンフォーレ甲府対レノファ山口は、1対1で引き分けました。

▽京都サンガ対町田ゼルビアは、サンガが1対0で勝ちました。

▽水戸ホーリーホック対ツエーゲン金沢は、ホーリーホックが終了間際に決勝点をあげて3対2で勝ちました。

▽ジェフ千葉対ザスパクサツ群馬は、最下位のザスパクサツが2対1で逆転勝ちし、今シーズン2勝目をあげました。

▽愛媛FC対ジュビロ磐田はジュビロが2対1で勝ちました。

▽前節2位の大宮アルディージャと前節3位のアビスパ福岡の試合は、アビスパ福岡の選手1人が新型コロナウイルスに感染している可能性が非常に高いとして中止となりました。