男子ゴルフ 世界選手権シリーズ第3ラウンド 松山は22位に浮上

男子ゴルフ 世界選手権シリーズ第3ラウンド 松山は22位に浮上
男子ゴルフの世界選手権シリーズの大会は1日、アメリカ・テネシー州で第3ラウンドが行われ、松山英樹選手は、スコアを3つ伸ばして22位に順位を上げました。
日本選手でただ一人出場している松山選手は、第3ラウンドを33位でスタートし、バーディー5つ、ボギー2つで回ってスコアを3つ伸ばし、通算4アンダーで22位に順位を上げました。

松山選手は「きのうよりはよかった。少しずつよくなっているので、あしたはいいプレーをしたい」と話していました。

アメリカのブレンドン・トッド選手が通算12アンダーで単独首位を守りました。