台風4号 沖縄 八重山地方に3日明け方に接近 暴風に厳重警戒

台風4号 沖縄 八重山地方に3日明け方に接近 暴風に厳重警戒
k10012546131_202008030035_202008030037.mp4
台風4号は発達しながら北西へ進み、沖縄県の先島諸島では風が強まっています。3日明け方には八重山地方にかなり接近する見込みで、気象庁は暴風に厳重に警戒するよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、台風4号は、3日午前0時には沖縄県石垣島の南、50キロの海上を1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から東側330キロ以内と西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風はこのあと発達しながら北西へ進み、暴風域を伴って3日明け方に沖縄県の八重山地方にかなり接近する見込みです。

台風の接近に伴い、先島諸島では風が強まっていて新石垣空港では午後11時20分ごろ、25.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。

先島諸島では3日朝にかけて暴風が吹き、石垣島地方では猛烈な風が吹く見込みです。

3日の最大風速は八重山地方で30メートル、宮古島地方で23メートル、最大瞬間風速は八重山地方で40メートル、宮古島地方で35メートルと予想されています。

また、先島諸島沿岸の海域は朝にかけて大しけが続く見込みです。

台風の接近に伴って先島諸島では局地的に雨雲が発達し、1時間に70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

また、3日夜までの24時間に降る雨の量は八重山地方の多いところで200ミリと予想されています。

3日明け方から朝にかけては潮位が高くなる見込みで、海岸や河口付近では高潮にも注意が必要です。

気象庁は暴風に厳重に警戒するとともに、うねりを伴う高波に警戒し、土砂災害や川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼びかけています。