NY株価 値上がり アップル最高値などIT関連が上昇

NY株価 値上がり アップル最高値などIT関連が上昇
31日のニューヨーク株式市場は、好調な業績を発表したアップルが最高値をつけるなどIT関連銘柄が上昇し、ダウ平均株価は値上がりしました。
31日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、前の日に比べて114ドル67セント高い2万6428ドル32セントでした。

前日の取り引き終了後に決算を発表したアップルは、事前の予想を上回る業績内容に加え、株式分割を発表したことが買い注文につながり、前の日に比べて10%を超える大幅な値上がりでこれまでの最高値を更新し、ダウ平均株価を押し上げました。

また、この日の値上がりで、アップルは発行済み株式に株価をかけた時価総額が1兆8173億ドル(190兆円余り)となり、サウジアラビアの国営石油会社「サウジアラムコ」を抜いて、再び世界一になりました。

アマゾンやフェイスブックも大幅に上昇し、IT関連銘柄の多いナスダックの株価指数も大きく値上がりしました。

ダウ平均株価は2月末から3月にかけて急落したあと、4月と5月の2か月で16%近く上昇しましたが、6月と7月の2か月間では伸びは4%にとどまり、新型ウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、回復のペースが緩やかになっています。