与野党 閉会中審査で首相への質疑行うか協議へ

与野党 閉会中審査で首相への質疑行うか協議へ
k10012544721_202008010518_202008010519.mp4
新型コロナウイルスへの対応などを国会で審議すべきだとして、野党側が憲法の規定に基づいて臨時国会の召集を求めたのに対し、政府・与党内では早期の召集には否定的な意見が出ています。与野党の間では、野党側が求める安倍総理大臣への質疑を閉会中審査で行うかどうか協議が行われる見通しです。
立憲民主党など野党4党は31日、新型コロナウイルスや豪雨災害への対応を国会で審議すべきだとして、憲法53条の規定に基づいて早期の臨時国会の召集を求める要求書を大島衆議院議長に提出しました。

立憲民主党の安住国会対策委員長は「国会を開かないなら、安倍内閣は新型コロナウイルス対策を放棄したと断ぜざるをえない」と述べました。

これに対し政府・与党内では、自民党の森山国会対策委員長が「臨時国会に付託される議案が何なのか、まだ定かではない」と述べるなど、早期の召集には否定的な意見が出ています。

野党側は引き続き国会の召集を求める一方、直ちに応じない場合でも安倍総理大臣と質疑を行う必要があるとしており、来週、森山氏と安住氏が会談するなど、与野党の間で安倍総理大臣への質疑を閉会中審査で行うかどうか協議が行われる見通しです。