プロ野球 ソフトバンク 楽天とのゲーム差1.5に広げる

プロ野球 ソフトバンク 楽天とのゲーム差1.5に広げる
プロ野球はナイトゲーム6試合が行われ、パ・リーグ首位のソフトバンクは勝って、敗れた2位 楽天とのゲーム差を1.5に広げました。

パ・リーグ

▽ソフトバンク対西武
ソフトバンクが5対4で勝ちました。
ソフトバンクは3点を追う3回、今宮選手の2点タイムリースリーベースヒットで1点差に迫り、中村晃選手と栗原選手の連続タイムリーヒットで逆転しました。
このあと西武に追いつかれましたが、6回に明石選手の2号ソロホームランで勝ち越しました。
2人目に投げた嘉弥真投手が今シーズン初勝利を挙げました。
西武は先発のニール投手が6回5失点と粘れませんでした。

▽ロッテ対楽天
ロッテが5対4で勝ちました。
ロッテは1点を追う6回、井上選手の犠牲フライと田村選手の2点タイムリーヒットなどで4点を奪って逆転しました。
先発の石川投手は6回2失点と粘って今シーズン初勝利、9回を投げた益田投手が10セーブ目を挙げました。
楽天は先発の則本昂大投手が6回途中5失点と崩れて今シーズン3敗目です。

▽日本ハム対オリックス
オリックスが7対2で勝ちました。
オリックスは2対2で迎えた7回、安達選手のタイムリーヒットや西浦選手のタイムリーツーベースヒットなど打者一巡の攻撃で一挙5点を奪い、勝ち越しました。
3人目の齋藤投手が6年目でプロ初勝利を挙げ、チームの連敗を4で止めました。
日本ハム先発の有原投手は7回途中6失点と打ち込まれ、チームの連勝は3で止まりました。

セ・リーグ

▽巨人対広島
巨人が2対1で勝ちました。
巨人は1点を追う4回、亀井選手と丸選手のタイムリーヒットで2点を奪い逆転しました。
先発の畠投手が危険球で5回途中で退場しましたが、その後5人の投手リレーで逃げきりました。
3人目の大江投手がプロ入り初勝利です。
広島はヒット3本の1点止まりで、このカード4連敗を喫しました。

▽中日対ヤクルト
中日が5対3で勝ちました。
中日は1点を追う6回、ビシエド選手のタイムリーヒットと阿部選手のタイムリーツーベースで2点を入れて逆転しました。
先発の大野雄大投手は9回3失点で、完投で今シーズン初勝利を飾りました。
ヤクルトは塩見選手のソロホームランで先制し、村上選手のツーランホームランでリードを広げましたが、5回以降、追加点を奪うことができませんでした。

▽阪神対DeNA
延長10回、規定により3対3で引き分けました。
阪神は4回、梅野選手の3号スリーランホームランで先制しましたが、DeNAは6回に1点を返し、7回にもオースティン選手のタイムリーヒットなどで2点を奪って追いつきました。
このあと両チームともランナーを出しながらも決め手を欠いて引き分けました。