飲食店爆発事故「前日にガスの臭い」工事の男性 福島 郡山

飲食店爆発事故「前日にガスの臭い」工事の男性 福島 郡山
30日、1人が死亡し19人がけがをした福島県郡山市の飲食店の爆発事故で、前日に店の改装工事をしていた男性が「店内でガスの臭いがしていた」と話していることが関係者への取材で分かりました。警察や消防は前日からガスが漏れていた可能性があるとみて爆発の原因を調べています。
30日午前9時前、福島県郡山市の飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で爆発があり、店で行われていた改装工事の現場監督で仙台市の古川寛さん(50)が死亡し、近くの会社の事務所や住宅にいた19人がけがをしました。

爆発の原因について、警察と消防は何らかの原因によりガスに引火し爆発した可能性が高いとみて調べています。

店内では爆発の前日、午前8時半から午後8時にかけて改装工事が行われていて、プロパンガスを使うコンロをIH調理器に交換するためコンセントを取り付ける作業も行われていましたが、作業をしていた男性が調査の中で「前日に店内でガスの臭いがしていた」と話していることが関係者への取材で分かりました。

警察と消防は、前日から店内にガスが漏れ、翌朝までの間に充満した可能性があるとみて、業務上過失致死傷の疑いで8月1日も現場検証を行い、爆発の原因を調べることにしています。