ソフトバンク 光回線で断続的に通信障害

ソフトバンク 光回線で断続的に通信障害
光回線を使ったソフトバンクの固定通信のサービスが、利用しづらくなる通信障害が東日本の一部の地域で、30日から断続的に起きていて、会社が原因を調べるとともに復旧を急いでいます。
通信障害が発生しているのは、ソフトバンクが提供している固定通信のうち、光回線サービスの「SoftBank光」と「Yahoo!BB光withフレッツ」です。

ソフトバンクによりますと、30日午後11時台におよそ20分間、障害が発生したのをはじめ、31日も午前5時前から断続的に通信が利用しづらくなり、こうした障害は今も続いています。

会社では外部からの膨大な通信が発生したことが原因だとしていて、さらに詳しく調べるとともに復旧を急いでいます。