ALS嘱託殺人事件 安楽死請け負う医師が主人公の小説を投稿か

ALS嘱託殺人事件 安楽死請け負う医師が主人公の小説を投稿か
k10012543781_202007311808_202007311811.mp4
難病、ALSを患う女性が殺害されたとされる嘱託殺人事件で、逮捕された医師とみられる人物が事件前、インターネットの小説投稿サイトに、安楽死を請け負う医師が主人公の小説を投稿していたことがわかりました。警察は動機の解明につながる可能性があるとみて事件との関連を調べています。
いずれも医師の大久保愉一容疑者(42)と山本直樹容疑者(43)は、去年11月、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALSを患う京都市の51歳の女性の依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして、嘱託殺人の疑いが持たれてます。

これまでの警察の調べで、大久保医師とみられる人物が事件の5か月前の去年6月、インターネットの小説投稿サイトに、安楽死を請け負う医師が主人公の小説を投稿していたことがわかりました。

作者は大久保医師のSNSのアカウント名と同じで、小説は金銭や自己実現のためとして、患者を死なせた医師に警察の捜査が迫っていくという内容です。

この中では主人公の医師が「証拠を残さずに殺害する方法はいくらでもある」と話したり、「死にたい人が海外に行き数百万円払って死なせてもらういびつな世の中だ。日本でも好きに死ねるようになればいい」と考える場面が描かれたりしています。

警察は作者が大久保医師本人で、動機の解明につながる可能性があるとみて事件との関連を調べています。