大相撲7月場所 平幕 琴ノ若 14日目から再出場へ

大相撲7月場所 平幕 琴ノ若 14日目から再出場へ
大相撲7月場所で、左ひざを痛めて中日、8日目から休場していた平幕の琴ノ若が8月1日の14日目から再出場することになりました。
今場所、前頭13枚目の琴ノ若は初日から3連勝しましたが、7日目に魁聖との一番で敗れた際に左ひざを痛め4勝3敗としたあと、国技館内の相撲診療所で診察を受けた結果、左膝内障と診断され、8日目から休場していました。

当時、師匠の佐渡ヶ嶽親方は「状態を見ながら再出場も考える」と話していましたが、14日目から再出場することが決まり、前頭4枚目の輝との対戦が組まれました。