立民と国民は速やかに合流を 野田前首相グループ有志が要請

立民と国民は速やかに合流を 野田前首相グループ有志が要請
立憲民主党と国民民主党の合流協議について、野田・前総理大臣が率いる無所属議員のグループの有志は、今の政権への不満の受け皿となるもう一つの選択肢をつくりたいとして、両党に対し速やかに合流を決めるよう要請しました。
野田・前総理大臣が率いる無所属の衆議院議員のグループは、立憲民主党の枝野代表から、国民民主党と合流した場合に結成する新党に加わるよう呼びかけられています。

こうした中、グループの有志を代表して、玄葉・元外務大臣が、31日、立憲民主、国民民主両党の幹事長に対し、合流協議に関する要請を行いました。

要請では、「今の政権への不信や不満の受け皿となる、もう一つの政権の選択肢をつくるため、一刻も早く決着をつけなければならない」として、来週7日をめどに合流に関する基本合意を行い、速やかに結党大会を開くよう求めています。

このあと玄葉氏は記者団に対し、「自民党に対する挑戦権を得るためにも、つべこべ言わずに早く合流することが望ましい。党名の決め方については、あまり拘泥せず、互いに譲り合って決めてほしい」と述べました。