F2後継戦闘機の開発 改修の自由度など重視し枠組み判断 防衛相

F2後継戦闘機の開発 改修の自由度など重視し枠組み判断 防衛相
航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機の開発をめぐり、河野防衛大臣は、アメリカやイギリスと検討している国際協力について、改修の自由度と費用を重視して枠組みを決めたいという考えを示しました。
航空自衛隊のF2戦闘機が、2035年ごろから退役することから、防衛省は、後継として高いステルス性を備えた次期戦闘機を、国際協力しながらも日本主導で開発することにしていて、2031年度に量産を開始する方針です。

河野防衛大臣は記者会見で、開発にあたっては、機体を担当する企業と契約を交わし、ほかの企業が担うレーダーなどの開発を含めて、全体を統括させることを明らかにしました。

そのうえで、アメリカやイギリスと検討している国際協力については、「改修の自由度が担保されるかどうかと、開発費をいかに安く抑えられるかの2つが、最大の論点になると思っている」と述べ、改修の自由度と費用を重視して、枠組みを決めたいという考えを示しました。