東芝が株主総会 「物言う株主」による株主提案は否決

東芝が株主総会 「物言う株主」による株主提案は否決
東芝の株主総会が開かれ、「物言う株主」と知られる筆頭株主のファンドなどが、みずから選んだ取締役の選任を求める株主提案を出して注目されましたが、否決されました。
今回の総会は、東芝の子会社で架空取り引きが発覚したことなどを踏まえ、「物言う株主」として知られる筆頭株主のファンド、「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」などが、みずから選んだ社外取締役を増やすよう求める2つの株主提案を行いました。

会社側は株主提案に反対する立場を示したため採決の行方が注目されてましたが、株主提案はいずれも否決され、会社側が提案したとおりの取締役の選任が承認されました。

これによって、社外取締役として取締役会の議長を務めてきた三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長が退任し、後任に中外製薬の永山治名誉会長が選任されました。

ただ、総会ではファンド側の株主提案に一定の賛成も寄せられたとみられていて、経営再建を進める東芝にとっては物言う株主とどう対話していくかが引き続き課題になりそうです。