株価 600円超の下落 1か月ぶり2万2000円下回る 新型コロナ影響

株価 600円超の下落 1か月ぶり2万2000円下回る 新型コロナ影響
31日の東京株式市場は日経平均株価は600円以上値下がりして、およそ1か月ぶりに2万2000円を下回り、6営業日連続の下落となりました。
日経平均株価、31日の終値は30日の終値より629円23銭安い、2万1710円。

東証株価指数=トピックスは、43.41下がって、1496.06。

1日の出来高は、16億7899万株でした。

日経平均株価は、およそ1年3か月ぶりに6営業日連続の下落となりました。

株価の下落が続いているのは、東京都内で31日、確認された新型コロナウイルスの感染者数がこれまでで最多の463人となるなど、このところ感染拡大に歯止めがかからず、景気の先行きへの不透明感が一段と高まっているためです。

また、31日は東京外国為替市場で円高ドル安が進み、特に、自動車など輸出関連の銘柄で売り注文が膨らむ要因となりました。

市場関係者は「国内の企業は厳しい業績見通しを相次いで公表していて、景気の先行きの不透明感から、投資家がリスクを回避する姿勢を強めている。週明けも企業の決算発表が続くことからしばらくは調整局面が続くだろう」と話しています。