NBA シーズンが再開 新型コロナ影響で3月から中断

NBA シーズンが再開 新型コロナ影響で3月から中断
新型コロナウイルスの影響で3月から中断していた、NBA=アメリカプロバスケットボールが30日に再開し、2試合が行われました。
NBAでは3月中旬に選手が新型コロナウイルスに感染していることが確認されて以降、シーズンが中断していましたが、プレーオフ進出の見込みがなかった8チームを除く22チームがフロリダ州に集まり、練習試合などをこなしてきました。

NBAによりますと、フロリダ州に集まった選手を対象にした新型コロナウイルスの検査で今月13日以降、陽性反応が出た選手はいないということです。

30日は2試合が行われてシーズンが再開し、先に始まったジャズ対ペリカンズの試合では、選手やスタッフが試合前の国歌が流れる際に一斉に片ひざをつき、アメリカで黒人の男性が白人の警察官に押さえつけられて死亡した事件から人種差別への抗議活動が行われる中、選手たちも抗議の意を示しました。

試合はジャズが第4クオーターにペリカンズを逆転し、106対104で競り勝ちました。

再開したシーズンで、各チームはプレーオフ進出をかけて8試合ずつを戦います。
八村塁選手が所属するウィザーズは、31日に再開後の初戦が行われ、サンズと対戦します。