李登輝元総統死去 一夜明け台湾メディア 功績など大きく伝える

李登輝元総統死去 一夜明け台湾メディア 功績など大きく伝える
k10012543041_202007311215_202007311215.mp4
台湾で初めての直接投票による総統選挙を実現させるなど民主化に尽力した李登輝(り・とうき)元総統が、30日夜亡くなり、台湾メディアは、その功績を振り返るなど大きく伝えています。
台湾の李登輝元総統は30日夜、入院先の台北市内の病院で多臓器不全などのため、亡くなりました。97歳でした。

1988年、台湾出身者として初めて総統に就任した李元総統は、議会制度の改革など台湾の民主化を推し進め、1996年には直接投票による初めての総統選挙を実現させました。

李元総統の死去を受けて、蔡英文(さい・えいぶん)総統はツイッターに「李元総統は台湾に民主自由を残し、今後も勇気づけてくれることでしょう。李元総統の遺志を継ぎ『台湾に生まれた幸福』を追求し続けます」と英語と日本語で投稿しました。

総統府は31日午前、蔡総統の指示のもと、葬儀などについて話し合う会議を開いていて、台湾メディアはかつては迎賓館としても使われた台北賓館(たいほくひんかん)に追悼する場所を設けるのではないかと伝えています。

一夜明けて、台湾メディアは、李元総統の足跡や功績を振り返る特集を組むなど大きく伝えています。この中で李元総統について「民主化に向けた改革を大きく一歩を進めた」とか、「この20年で台湾で最も影響力のある政治家」などと評価しています。

一方で、李元総統が中国と台湾は「特殊な国と国との関係だ」とする、いわゆる「二国論」を打ち出したことなどで中国との関係がぎくしゃくしたとして、「歴史の功績は後世が判断する」と指摘する論調もあります。

遺体安置の病院へ市民が弔問に

亡くなった李登輝元総統の遺体が安置されている病院の敷地内の建物には、午前中から弔問に訪れる市民の姿が見られました。

李元総統の死去を受けて、台湾当局は、31日から3日間、行政機関で半旗を掲げるよう指示し、総統府では衛兵が旗を半旗にしました。

アメリカ政府の台湾での代表機関、「アメリカ在台協会」は31日朝からアメリカ国旗を半旗にし、哀悼の意を表しています。

中国政府「台湾の独立は袋小路だ」

台湾の李登輝元総統が亡くなったことについて、中国政府で台湾問題を担当する国務院台湾事務弁公室の朱鳳蓮報道官は31日、国営の新華社通信を通じてコメントを発表し、「李登輝氏が亡くなったという情報に接した。強調しておきたいのは、台湾の独立は袋小路だということだ。国家の統一、民族の復興という歴史の大勢は誰にも、いかなる勢力にも阻むことはできない」としています。

中国政府としては、李元総統が、中国と台湾は「特殊な国と国との関係だ」とする、いわゆる「二国論」を打ち出したことを念頭に、李氏の死去を契機に、台湾独立につながる動きが広がらないよう警戒しているものとみられます。

中国共産党系メディア「中華民族にとっての罪人」

台湾の李登輝元総統の死去を受けて、中国共産党系のメディア「環球時報」の電子版は「中国の歴史は、祖国分裂を推し進めた人物を決して許さない」として、李元総統を厳しく非難する社説を掲載しました。

この中で、李元総統が1996年に住民の直接投票による初めての総統選挙を実現させたことに触れ、「李氏を支持する人たちは、台湾の民主化に貢献したことをおだてている。しかし、彼が推進した民主化は、台湾独立に乗っ取られたものだ」と指摘しています。

そして、「李氏は台湾に祖国分裂の根を植え付けた。このような民主化は方向性が間違っており、分裂を支持する台湾の勢力と欧米の反中勢力をさらに増幅させるものだ」と批判しています。

そのうえで、「李登輝は紛れもなく、中華民族にとっての罪人だ」として、「この人物はきっと中国の歴史に悪名を残すだろう」などと酷評しています。